フリースタイル分娩という新しいスタイルが人気

助成を活用しよう

看護師

諦める必要はありません

不妊治療を考えるカップルは年々増加しています。これは高齢出産を考える人の増加も背景にありますが、現代社会のストレスなどでホルモンバランスが乱れている人が多い、とも言えるでしょう。不妊は男性側・女性側どちらにも生じる可能性のあるものです。可愛い赤ちゃんをこの手に抱いてみたい、そうお考えの場合には、諦めずに不妊治療に挑むことがオススメです。しかし、不妊治療には費用が掛かる事もまた事実です。家計を圧迫してしまう治療もあるので、保険治療外の治療は断るケースも対辺増加しています。そこで、京都などの自治体は不妊治療に対して「助成」を行っています。一般不妊治療助成事業と呼ばれているものです。経済的なハードルをクリアできるチャンスが提供されています。

申請するには

ではもしも京都市でこの助成制度を活用するにはどのように申請を行えばよいのでしょうか。京都市の場合、助成される範囲は「保険治療対象分、人工授精」が対象になっています。不妊症と診断された後に行われる治療が対象になるので、もしも不妊症をすでに診断されている場合には速やかに市役所に申請に行きましょう。助成の条件には婚姻がある事・保険証があること・京都市内に1年以上住んでいることが条件になっています、こうした細かい条件は京都市以外の場合また異なっていますので、お住まいの自治体が提示している条件を必ず確認するようにしましょう。経済的な負担もまた、不妊治療へのストレスになります。こうしたストレスを減らして、前向きに治療を行いましょう。