フリースタイル分娩という新しいスタイルが人気

助成を活用しよう

看護師

不妊治療は治療が高額になる傾向があり、経済的な負担感から途中で治療を諦める人も多くなっています。そこで、ストレスを軽減するために京都市などの自治体は助成金事業を行っています。申請条件をクリアしていれば、一定額の助成金を受け取る事が出来る仕組みです。

More Detail

病院以外で産むという選択

医者

新しい出産の仕方

出産する場合、多くは産婦人科で出産する妊婦さんが多いと思いますが、産婦人科ではなく助産院で産みたいと希望する人もいます。近年の産婦人科では、出産前にバースプランという出産において妊婦が希望する方法などを決めておくことが多くなりました。夫の立会希望や出産スタイル、無痛分娩の選択や出産時に聞きたい曲をかけるなど、より妊婦がリラックスしてお産に臨むために、また産婦人科のサービスの一環としても行われています。しかしながら、産婦人科にはできない出産スタイルとして助産院も近年脚光を浴びつつあります。一昔前の日本では、出産は助産院かもしくは産婆さんが自宅に来て自宅で出産という形が主流でしたが、より出産を安全にするために産婦人科医師がいる病院で産むことが主流になりました。

楽な方法で産める

助産院と産婦人科の大きな違いは産科医の不在です。出産時において、母子ともに医師免許を必要とする医療行為が必要な時、助産師は医療行為をすることはできません。そのため、助産院での出産を希望している人は、自然分娩ができる人に限られます。逆子や多胎児ではないこと・帝王切開をしたことがない妊婦・子宮に異常がない・胎盤の位置に異常が見られないなど、厳密な条件がいくつかあり、そのどれかひとつにでもあてはまる場合は助産院での出産はできないので気を付けましょう。助産院での出産は、昔ながらの人間としての自然な形でのお産ができるという点です。出産も自分が一番楽だと思う姿勢で産むことが可能ですし、家族全員での立ちあい出産も可能です。

自由な出産方法

最近では妊婦さんが安心して赤ちゃんを産めるように、フリースタイル分娩というものが流行っています。病院の内装も、旅館やお姫様の部屋を思わせるものが多いのでリラックスしてお産に挑むことができるでしょう。また、水中出産といい、子供が遊ぶプールの中で出産することができるといったものもあります。フリースタイル分娩は自分に合ったお産を選べるので、はじめて出産を控えているママにとっても強い味方になるでしょう。ママにも赤ちゃんにも負担がかかることが無いので安心できます。

安心して出産を行うために

カウンセリング

人口が増えている川崎では、産婦人科が多くなっています。お母さんや赤ちゃんのケアだけでなく、その家族のケアも行ってくれるので、初めての出産でも安心して利用できます。

More Detail

卵子と子宮にいい栄養素

妊婦

卵子の老化に効果的で、妊娠に適した体に変えるための栄養素を摂取するのが重要です。食事では摂取しにくい栄養素は妊活サプリで摂取できます。葉酸は妊娠初期に摂取するのが望ましい栄養素ですが、妊活サプリで妊娠前から摂取すると役立ちます。

More Detail